一戸建てのよいところ

一戸建てのよいところは、①音を気にしないで済む②ペットが飼いやすい③管理費がいらない④プライバシーがある。
①話し声・足音・TVの音などに神経質にならなくて済みます。他人だと気になっても注意しづらいですが、一戸建ての場合家族間の問題なので注意できます。②賃貸やマンションだとペット可でないこともあります。可だとしてもペットによって嫌な顔をされることもあります。一戸建てはその心配もありませんし、ペットものびのびできるようです。階段や庭など変化に富んだ造りがよいみたいです。③毎月の管理費がかからないので家計にやさしいです。④賃貸やマンションはエレベーターや駐車場などの共有エリアで住民と顔を合わせることが多いです。ちょっとしたストレスがありますが、一戸建てにはそれがありません。以上が一戸建てのよいところです。

妹二人が相次いで、一戸建ての家を建てた。

二人共実家からそう遠くない場所に、理想の住まいを手に入れた。
新築の庭付きの家はやはり羨ましい。

私自身は実家からも遠く離れた首都圏のマンション住まい。

このあたりの相場では、地方住みの妹たちのように一戸建てを立てるのはとても無理だ。

今のマンションを購入する前に、一戸建ても検討したが、土地の価格が安いところはとても不便だったり、また土地も狭く、よくある庭なしの隣との距離がほとんどない、3階建ての細い家しか建てられない。

妹二人の家もそんなに豪邸ではないが、首都圏では十分贅沢な部類に入る家だ。

妹たちの家をみると、地方の方が暮らしやすいと思ってします。

でも我が家は狭いが、自分たちに身の丈のあった暮らしができてるのでそれでいいかとも思う。

一戸建てに持って行きたいもの

私はどうしてもこのベッドを、新しい一戸建ての家に持って行きたいのです。ここに住んで七年間、このベッドをずっと使っていました。そしてこのベッドでないと眠れないのです。
私は旅行に行った時も、友人の家に泊まりに行った時も眠れませんでした。それはベッドが違うからだったのです。家ではこんなにもぐっすり眠れているのです。それは全部ベッドのおかげだったのです。
だからどうしてもこのベッドを、新しい一戸建てに持って行きたいのです。父が建ててくれた家なのです。
まだまだこれから家族そろって、長い間住む家なのです。だからこそ、このベッドで毎日快適な眠りをしたいと思っているのです。どうしてもこのベッドだけは、持って行くつもりなのです。

私は、以前の住んでいたマンションで、キッチンについて不便さを感じていました。それは料理をすることが大好きな私にとって、とても辛いことであったのです。
その辛い内容は、キッチンが狭すぎて思うように動くことができないということでした。また収納するところも少ないのでキッチンをきれいに保つことができていなかったのです。
そのことから、段々と料理を作ることが、面倒だとおもうようになっていたのです。
しかし、家族の健康のためにも、料理を作ることが大切だと思って、思い切って自分の理想とするキッチンを作りたいと思って、一戸建てを注文住宅として、購入することにしたのです。
そしてキッチンについて、自分が使いやすいように注文をしました。その後は快適な暮らしをすることができています。

> 山林バンク 山林売買山林情報

「安全地帯」の玉置浩二さんの離婚

「安全地帯」の玉置浩二さんの離婚

なにかとお騒がせなカップル玉置浩二さんと青田典子さん。
玉置さんはこれまで3回結婚しています。青田典子さんの前に石原真理さんと23年ぶりの復活愛が話題となり、婚姻届は石原さんの離婚が成立していなかったため提出できなかったものの、事実婚状態にありました。この石原真理さんとの事実婚も含めると、玉置さんは4回結婚生活を破綻させていることになります。今回、青田典子さんとも当初は早期離婚が囁かれていましたが、夫婦仲は、入籍時以上に良好だそうです。
結婚当時は2人の夫婦仲に誰もが不安がられた方も多かったでしょうが、青田典子さんの献身が実を結んでいるみたいですね。玉置浩二さんのコントロールをしっかりされてるみたです。今後、青田典子さんは芸能界へも復帰されるそうで、今後の青田典子さんの動きも楽しみですね。

玉置浩二さんといえば、青田典子さんとみられるまでなったのもお似合いだからかもしれませんね。いつまでも幸せに暮らしてほしいです。

エド・はるみさん

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。

最近ちょっとあまり耳にしなくなりましたが、エド・はるみさん結婚されたようですね。

結婚相手は、一般男性でエド・はるみさんが芸人になる前に付き合っていた 元カレだそうです。芸人になることを決意した時、自分を追い込むため当時交際していた彼と別れて、吉本興業へ飛び込んだそうで、彼とは久しぶりの再開で彼からプロポーズを受け、入籍したそうです。
エド・はるみさんは、自身のブログで、「突然ではございますが、この度私エド・はるみは、10月10日に入籍いたしましたことを、ここにご報告させて頂きます。(以前交際していた彼と)今年の春に再会し、やけぼっくいに火がつき、プロポーズを受け、とうとう10月10日に入籍するに至りました。仕事は、芸人としてますます意欲的に取り組んで参りますので温かく見守っていただけましたら幸いです。」
エド・はるみさんは実はバツイチ、今回が2度目の結婚、再婚となるんだそうです。

2005年に別れて、5年間彼はずっと この日を待ってくれていたんでしょうね。なんだか温かい気持ちになります。応援し

俳優の市村正親さん

俳優の市村正親さん

俳優の市村正親さんは、将来の自分の職業は役者だ。と体全体で実感したのが、高校時代だそうです。劇団民芸の「オットーと呼ばれる日本人」の滝沢修さんの演技を見た時に、たかが2、3時間の間にこんな激しい人生を生きられるなんてすごい。役者になりたい。と決心したそうです。そして、1973年に、劇団四季『イエス・キリスト=スーパースターの端役を狙ってオーディションを受け、合格し、ヘロデ役を獲得してデビューしました。劇団四季を代表する看板俳優となるまでに至るも退団し、その後はミュージカル、ストレートプレイ、テレビドラマ、ナレーション、一人芝居など様々なフィールドで活躍されました。そして、2005年に女優の篠原涼子さんと24歳差の歳の差結婚をされました。篠原涼子さんとの間にもうけた2人の愛息について、長男は妻似だと言い「なぜあんなにも聡明なのか!」、今年2月に生まれた二男は自身に似ているそうで「まぁ~~かわいいこと!」と嬉しそうに語っていましたね。愛妻家で家族想いな方なのかな。という印象を受けました。